2019年7月 4日

シンポジウム「需給を反映したコメの価格形成を考える」開催結果について

標記シンポジウムにつきましては、当初の定員を超える多くの皆様にご参加いただくことができました。ご参加の皆様はじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。

基調講演録及びパネルディスカッションの議事録を作成いたしました。需給を反映したコメの価格形成を考える材料の一つとしてご参照いただければ幸いです。

講演録(基調講演).pdf

議事録(パネルディスカッション).pdf


《開催概要》
〇 日 時:令和元年6月17日(月)13:00~15:00(受付開始 12:30)
〇 場 所:東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー
〇 基調講演「農業現場の変化を考える」
        新潟ゆうき株式会社代表取締役 佐藤正志 氏
〇 パネルディスカッション「需給を反映したコメの価格形成を考える」
  パネリスト(50音順)
        青山浩子氏(農業ジャーナリスト)
        小林 肇氏(JA大潟村代表理事組合長)
        佐藤正志氏(新潟ゆうき株式会社代表取締役)
        中嶋康博氏(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
        平石 博氏(全国稲作経営者会議会長)
〇 コーディネーター:中村信次氏(商経アドバイス代表取締役社長)
〇 参加者(実績):約80名
〇 主 催:農業経営支援連絡協議会
  後 援:全国稲作経営者会議 大阪堂島商品取引所
※「農業経営支援連絡協議会」は、一般財団法人日本GAP協会、一般社団法人日本食農連携機構、公益社団法人日本農業法人協会、特定非営利活動法人日本プロ農業総合支援機構の4団体を構成メンバーとし、団体間の情報共有や連携を通じて、各団体の専門性等を一層発揮することにより、農業経営者等の発展に寄与していくことを目的としています。本シンポジウムはその活動の一環として開催するものです。