2015年1月14日

第7回トップマネジメントセミナーのご案内

 「プロ農業者」の課題解決を総合的に支援するNPOであるJ-PAO主催のトップマネジメントセミナーも7回目を迎えます。
 今までの当セミナーとは趣きを変え、今回はJ-PAOでの個別支援実績が近年増加している販売に焦点を当て、小売の現場に近い立場からの視点での講演・パネルディスカッションを行うことで、これからの農業者に求められることを浮き彫りにしていきます。

【日  時】 平成27年3月2日(月)14:00~17:00(セミナー)
                     交流会(~18:30)*13:30受付開始
【会 場】 日比谷図書文化館(東京都千代田区)B1 コンベンションホール
【参加料】 セミナーのみ参加     3,000円(消費税込)
     セミナーおよび交流会に参加 5,000円(消費税込)
   ※当日、会場にてお支払い下さい。当日無連絡で不参加の場合は、参加料を請求します。
   ※参加された方には講演録(PDF)送付
   ※セミナー:180名様先着順
   ※交流会:80名様先着順→交流会については満席のため申込受付を終了しました 

■開会 J-PAO髙木理事長
■講演 株式会社福島屋 代表取締役会長 福島 徹(ふくしま とおる)氏
 テーマ 「消費者のもとめる農産物・加工品を考える
      ~最高の信頼を得られる店をコンセプトとして売り場で取り組んでいること~」
■話題提供 「6次産業化の過程で農業者が直面する課題」
     J-PAO上席コンサルタント 伊藤 美朋
■パネルディスカッション 「これからの農産物・加工品販売では、農業者に何が必要か」(仮題)
 パネラー(五十音順 裏面にパネラー紹介)
  青木 理紗 氏(㈱麦わら農場 代表取締役)、髙木 勇樹(J-PAO理事長)、
  髙橋 隆造 氏(㈱あっぷふぁーむソリューション 代表取締役)、久松 達央 氏(㈱久松農園 代表)、福島 徹 氏(㈱福島屋 代表取締役会長)
 コーディネーター 山下 望(J-PAO事務局長)

■交流会 17:00~18:30(立食形式)
  会場:ライブラリーダイニング日比谷 *コンベンションホール横

【お申込方法】 チラシ2枚目「参加申込書」に必要事項を記載のうえFAXいただくか、セミナー事務局(担当:高田)にメール (top-seminar@j-pao.org)にて、お申込みください。
 セミナーのみ、お申込を受付けています(交流会については満席のため申込受付を終了しました)。


第7回トップマネジメントセミナーチラシ・参加申込書.pdf

■主 催■  特定非営利活動法人 日本プロ農業総合支援機構(J-PAO)   
         TEL:03-6684-1015    FAX:03-6684-1016
         E-mail:top-seminar@j-pao.org  http://www.j-pao.org
■後 援■ (株)日本政策金融公庫、(公社)日本農業法人協会、
      (一財)日本GAP協会、日本ブランド農業事業協同組合