J-PAO研修農場のご案内

研修農場はこちらのファイル(PDF形式)をご覧下さい。

J-PAO研修農場の就農サポート

J-PAOは、確実に就農・独立できる研修の仕組みを構築するため、大学教授、先駆的農業経営体などで構成する第三者委員会「人材育成委員会」で検討を行い、ドイツのマイスター制度をモデルにした研修制度を構築しました。

J-PAOは、地域・業種を代表する農業者を「マイスター(親方)」、マイスターが経営する農場を「J-PAO研修農場」として選定します。

またJ-PAOでは、プロ農業者の農場長候補、規模拡大・他の営農類型への転換を目指す農業者等を研修労働者として募集し、受け入れ先となる「J-PAO研修農場」を職業紹介します。

J-PAOが開催するマネジメントセミナー(仮称)を終了した後には、マイスターが研修受講者の技術水準を判定(技術認証)し、一定水準を超えると判定された方には、J-PAO研修農場が就農・独立をバックアップします。

また同時に、民間企業による農業短期研修派遣先のご紹介、研修生受け入れを希望する農場を募集しています。

農場研修受け入れの流れ

現在、登録されている農場については、お知らせをご覧ください。

 

セミナー主催・後援事業

実践的な民間企業のノウハウを提供します。

主催セミナー情報については、お知らせをご覧ください。

また、プロ農業者、農業参入を希望される方等を対象にした各種セミナーの講師を派遣しています。詳しくは講師派遣をご覧ください。

 

農業経営アドバイザー

当機構は、平成20年度から日本政策金融公庫農林水産事業本部が主催する「農業経営アドバイザー制度」の運営事務を受託しています。