J-PAOは、当機構会員をはじめとする方々を講師として派遣しています。

なお、J-PAOで講師派遣の依頼をお受けする際は、次の点を確認しています。
ご希望に添えないこともありますので、予めご了承下さい。

実際にご相談される際は、HP上のお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡下さい。

1. 講演目的がJ-PAOの設立趣意・基本理念・事業内容に合致すること
 (特に重視すること)
 「民の力」「民の知恵」によりプロ農業者の育成・支援を目指していること
  講演単独で終わらず、具体的な相談が見込めること

2. 聴講者が次の方に該当すること(番号は優先順位)
 (1)農業者
 (2)農商工連携・農業参入を考えている方
 (3)J-PAOの趣旨に賛同し農業者への支援に取り組もうと考えている方


 

これまでの講師派遣実績(主なもの)

これまでの講師派遣実績はこちらのファイル(PDF形式)をご覧下さい。

【演題】販路開拓セミナー
【講師】中小企業診断士(J-PAO運営会員、日本公庫農業経営アドバイザー試験合格者)
 商談会への出展を検討している農業者の方を対象に、基礎知識、実習、出展時の
 現地指導まで含めた「販路開拓のOJT」を行います(基本3コマ)。

【演題】『いいもの』だけでは売れません〜成約のためのポイント
【講師】山崎 功治(経営コンサルタント)
 外資系コンサルから食品販売の企画・卸売に転じた経験から、
 農産物の販売を組み立てる上で必要な実践的テクニックを紹介します。

【演題】『お客様のニーズ』を知る上で注意すべきこと〜何が事実か見極めよう
【講師】西澤 孝明(フレッシュシステム常務取締役、元いなげや取締役)
 食品スーパーの青果購買業務に長年携わり、現在でも農産物の販売コーディネートに
 携わる視点から、顧客、バイヤーとの付き合い方を紹介します。

【演題】企業から見た農業 〜 農業者に期待すること
【講師】伊藤忠商事、ニチレイ、日本ハム 等
 J-PAO運営会員の企業のバイヤー、品質管理担当者等、食品製造・流通の現場に
 関わる方を講師に招き、国産農産物を取り扱う上で感じている課題を率直に語ります。

【演題】農業、食糧、流通事情とこれからの企業経営
【講師】都築冨士男(元ローソン・ジャパン代表取締役)
 日本のコンビニエンスストア黎明期において事業化に携わり、
 現在ではコンサルタントの立場から農産物の広域流通を構築している経験から、
 これからの農業経営のあり方について語ります。

【演題】これからの農業政策
【講師】髙木 勇樹(元農林水産事務次官)
 食と農の現状を捉え、今後の農業政策の方向性を語ります。